12月28日(火)玄関に門松 正月飾り

2015.12.28 18:49:48

12月28日(火)玄関に正月飾り(門松)を地域の方に飾っていただきました。

大王松の松葉、南天、万両、葉牡丹を玄関に飾りました。

門松の松は、お正月に年神様がそれぞれの家に訪れるための依代

(よりしろ)と言われています。年神様というのはその

年の家族の健康を約束してくれる神様です。

南天は、赤い実は縁起がいいとして正月飾りに使われ、「難を転ずる」

という意味にとり、災厄を避ける木とされています。

万両は、南天と同じく、赤い実は縁起がいいとして正月飾りに使われ、

赤い実をたくさん付けることから「子孫繁栄」の象徴や金運に

恵まれるされています。

葉牡丹は、幾重にも重なる葉が「吉事が重なる」とされています。