つぶやき(3学期)

校長のつぶやき(3学期)
〇エネルギー注入(2月14日(水))
併設幼稚園(山直南幼稚園)が2月16日に生活発表会を行います。3学期に入って、何をするかから園児と教師で検討し練習してきました。いよいよ、本番が近くなってきましたが、今日は6年生が幼稚園を訪ね、生活発表会のリハーサルを見せてもらいました。園児にとって見てもらえる人がいると、がぜんやる気が出てきます。本番まであとわずか。今日の経験を本番に生かしてほしいと思います。6年生の皆さん、ありがとうございました。
〇やるぞ!(2月7日(水))
支援学級の子どもたち全員で劇の練習をしています。2月15日に行われる泉南地区支援教育研究会学習発表会で披露するためです。昨年度までは近隣の学校と合同で行っていましたが、今年度は単独で行っています。今日は、併設幼稚園の園児たちに見てもらいました。観客がいると気合も入ります。いつも以上の力を発揮したようで頼もしい限りです。
〇これまで・・これから・・(2月5日(月))
朝の会の時間に1年生から5年生が縦割り班にわかれ、お別れ会の準備をしました。これは各班で6年生への感謝の意を笑わすとともに、5年生以下が来年にかける思いを伝える会です。今日はその準備1回目。3月5日の本番にむけ5年生が中心となりどんな会にするかを話し合いました。
〇さあ、どうする(1月29日(月))
不審者対応の避難訓練をしました。駐在所の警察官にも来校いただき指導してもらいました。まず、訓練とはいえ、緊張感をもって行うことが大切だと教えてもらいました。自分の命を守るためには日ごろから高い意識をもつことが大切です。また、繰り返すことで身を守る方法が身につきます。これからも緊張感をもって訓練を行いたいと思います。
〇じーんと(1月24日(水))
高学年の学習参観と学級懇談会を行いました。それぞれの学習は子ども一人ひとりが自分を表現する場を用意し緊張の中にも見事に発表することができました。また、のちの学級懇談会では1年の成長を写真で振り返りました。参加しただいた保護者の皆さまにとっても感慨深い時間になったと思います。とても寒い日の中ご来校いただきありがとうございました。
〇みんなの力で(1月23日(火))
給食を食べ終わったあと、食缶等を給食室に運ぶとき、思わず廊下を走る子どもがいます。一度に多くの子どもが給食室に向かうので、とても危険です。給食週間である今週、児童給食委員会の子どもが廊下に立って、走らないように呼び掛けています。責任感を持って役割を果たそうと一生懸命がんばっている姿はとても頼もしいです。
〇支える(1月22日(月))
5,6年生で組織する児童委員会。学校生活を送る上でなくてはならない組織です。児童委員会の毎日の活動はすべての子どもたちの快適な学校生活を実現してくれます。今月の3回の児童朝礼は委員会活動の紹介です。すべての紹介はできませんが、このような機会は大切にしていきたいと思います。
〇食育(1月11日(木))
体験料理教室に6年生が参加しました。平成29年度JAバンク食農教育応援事業の一環です。会場は愛彩ランド。今回の献立は「野菜のあんかけ手打ちうどん」「ごはん」「果物」です。手打ちうどんの実演を見せてもらい、実際に中力粉からうどんを打ち出すまでの体験をしました。もちろんそのうどんはあとで「野菜のあんかけ手打ちうどん」としていただきます。その前に、愛彩ランドの農産物直売所で食材を調達します。とても多くの人が買い物にきている中で必要な食材を探して購入します。これも学習。調理も学習。班で行いますが、調理には食生活改善推進協議会の人が応援してくれます。どの子どももいきいきと活動していました。そして、とてもおいしかったです。「食」を通して人として大切なことを多く学びました。ありがとうございました。
〇安全・安心(1月10日(水))
5時間目終了後、集団下校を行いました。目的は「風水害時や、不審者が出た場合などに、児童が安全に下校できるように、教師が引率して下校させるためにもの」です。校区の町会にご協力いただき町内放送をしていただきました。また、保護者の皆さまには連絡メールで実施のお知らせし、見守りの協力を依頼しました。危機感をもって実施することが、いざというときの対応につながります。ご協力いただきました、町会・保護者の皆さまにお礼申し上げます。
 〇戌年(1月5日(金))
 2018年(平成30年)があけました。昨年の漢字一字は「北」。さて今年は・・・年のはじめにあたりあるテレビでは有名人が考える今年の漢字を披露していました。「挑」「戦」「飛」「腕」「翔」などなど。それぞれが思いをこめた漢字です。さて、皆さまはどんな字を思い浮かべるのでしょうか。今年もどうぞ、よろしくお願いします。