つぶやき(2学期)

校長のつぶやき(2学期)
〇楽しみいっぱい(11月20日(月))
学校には廊下に掲示板がいくつかあります。そこは子どもたちの作品やお知らせなどが掲示されています。多くは、図画作品ですが、子どもたちが自ら学習したものもあります。本校では「マイノート」と名付けています。興味のあることを調べたり、習った学習の復習をしたり・・・このマイノートは人気があり好きなようです。意欲的に取り組む姿勢に感心します。
〇整いました(11月15日(水))
明日は校内音楽会です。各学年とも練習に練習を重ね、リハーサルも終え、明日を待つばかりです。ここ数日寒さが続いており明日も心配しますが、きっと素敵な演奏で熱気たっぷりの会になることでしょう。楽しみです。
〇本に親しむ(11月9日(木))
今日、朝の会に高学年図書委員会の人たちが低学年の教室に行って、本の読み聞かせをしてくれました。読み聞かせは子どもたちが幼いころ、保護者が心を込めて行ってくれていたと思います。読書週間のひとつの素敵な取り組みです。また、高学年と低学年とのふれあいもあたたかいものがあります。
〇ここにも(10月31日(火))
今日は、ハロウィン。幼稚園のお友達が校長室にやってきてくれました。その少し前には高学年の教室にもやってきてくれていたのです。「トリック オア トリート」と言いながら、仮装した姿できてくれました。校長室では、一人ひとりに私からクイズを出し、少しの時間でしたが楽しく過ごすことができました。
〇威力にかなわない(10月27日(金))
かめむしが大量発生しています。校舎の壁にくっついています。人が通ると飛んで、人につくこともあります。ご存知にように、この虫は攻撃的になると、悪臭を発します。あちこちから匂うにおい。何とか駆除したいと思いますが、なかなかうまくいきません。夕方になるといつの間にかどこかに隠れるかめむしですが、次に日には、また現れます。子どもたちも悪銭苦闘。なんとかならないものかと思案中です。
〇思いやりがいっぱい(10月26日(木))
10月24日から3日間、児童会が主体となり赤い羽根募金を行いました。子どもたちが正門と裏門で募金箱に入れるお金にはそれぞれの子どもたちの善意が詰まっています。地域の人も協力していただきとても心があたたかくなりました。児童会役員の皆さま、そして山直南小学校の皆さん、地域の皆さん、ありがとうございました。
〇ほのぼの(10月24日(火))
台風一過。とてもいいお天気のもと子どもたちが運動場で遊んでいます。その姿を見ると健気だなとつくづく思います。無邪気に動き回る子どもたち。この子どもたちの未来はどうなっているのだろう・・・なんて思いながら、久しぶりに晴れた空を見上げながら教師という仕事の面白さと責任の重さを感じていました。
〇自然の恐怖(10月23日(月))
超大型台風21号が昨夜から大阪付近に接近し岸和田でも大きな被害がありました。学校は本日は臨時休業です。台風に伴う大雨警報が午前7時現在岸和田市に発令されていることが休業の根拠です。子どもたちの命を守ることからの措置です。だんだん天候は回復していますので、明日は台風一過で秋晴れのもと学習に取り組むことができると思います。
〇こんなこともあるんだ(10月17日(火))
自然の前では、人は無力。自然とともに生きることがいかに大事か。天を見上げて一喜一憂。雨の音がこんなに恨めしいと思ったことはいつのとき以来だろうか。運動会がまたまた順延に。明日こそ・・・と念じて準備を行いました。
〇残念(10月15日(日))
運動会を予定していましたが、あいにくのお天気のため10月17日(火)に延期しました。子どもたちのモチベーションが気になりますが、体育館を使って気持ちを持続するよう努めました。さあ、気持ちをあらたに火曜日を迎えましょう。
〇感嘆の声(10月12日(木))
昨日のことです。岸和田市文化会館(通称;マドカホール)にて岸和田市小中学生の習字作品展が行われていました。校長会から受付の役割をいただき午前中に行ってきました。どれも素晴らしい作品ばかりで感心していると、ご覧になられていた市民の人たちも同様に感じておられました。もちろん、お子様やお孫さんの作品をご覧なられていましたが、多くの作品の前で釘付けになり、じっと見入っていました。子どもたちと市民がひとつになって味わう「芸術の秋」。素敵な時間でした。
〇つながり(10月2日(月))
児童会役員の交代がありました。児童朝礼にて前期役員の退任の挨拶、後期役員の就任の挨拶がありました。いずれも、力強い挨拶でとてもたのもしく思いました。また、児童委員会も今日から後期の人たちによる活動です。みんなで素敵な学校をめざして取り組んでいきます。
〇エイ エイ オ-(9月29日(金))
始業前のことです。低学年(1年、2年、3年)の教室から威勢のいい声が聞こえてきます。運動会で行う応援の掛け声です。今日は、4,5,6年児童が低学年を指導する日なのです。この応援を通して、赤組、白組それぞれの団結を図っていきます。本番にむけて確実に動いています。
〇大切なからだ(9月25日(月))
児童朝礼で児童保健委員会の皆さんが「歯」についてのクイズをしてくれました。次に、示します。①赤ちゃんの歯は最初はどこからはえてくると思いますか。・上から  ・下から  ・奥から    答え(下から)②むし歯ってなんでしょうか。・歯がとける病気 ・歯に黒い虫がつく病気 ・歯がくさってくる病気   答え(歯がとける病気)③つばがたくさんでる人はむし歯になりにくいでしょうか。・なりやすい ・なりにくい ・関係ない  答え(なりにくい)④動物の中で一番歯の数が少ないのはどれでしょうか。・かめ ・いぬ ・ねこ  答え(かめ)⑤ウサギの前歯はどうなっていると思いますか。・前歯がない ・前歯がのび続ける ・おれるともうはえてこない  答え(のび続ける)
〇秋はいろいろ(9月22日(金))
秋はほんとうに素敵な季節です。運動会をめざして子どもたちは汗をかきながら身体を動かしています。それと並行して「芸術の秋」にも浸っています。各学級とも来週の校内作品展にむけて作品の制作中です。どの学年も趣向をこらした作品でとても興味深く見守っています。校内作品展をご期待ください。
〇人の気持ち(9月20日(水))
今、校内の掲示板には子どもたちが夏休みに取り組んだ「人権」に関わるポスターが貼られています。どれも、心がこもった作品で思わず見入ってしまいます。子どもたちの奥底にある「いじめ」に対する怒り、「人権差別」に対する憤りが見えます。来週は「人権」をテーマにした学習参観も予定しています。今一度、人権について考えたいと思います。
〇言葉に親しむ(9月13日(水))
岸和田市子ども文庫連絡会から6人がきてくれました。今日は、「お話会」です。2時間目、3時間目、4時間目にかけて全学級で実施しました。ストーリーテリング、絵本、本の紹介はすべての学級で行ってくれました。また、学年によっては、小物を使った話あり、エプロンシアターあり、手遊びわらべうたありと多種多様でした。人は言葉で伝え合う機会がとても多いです。心地よい言葉に触れると子どもたちの気持ちが豊かになります。もっともっと心地よい言葉が飛び交えばいいなと思います。岸和田市子ども文庫連絡会の皆さま、ありがとうございました。
〇大きく育て(9月12日(火))
本校教諭の授業を市教委の方や指導員の方が参観に来られました。目的は「教師力向上」です。今、子ども理解や学力問題、特別支援教育等、教育の必要性や重要性がこれまで以上に叫ばれています。新しい学習指導要領も告示され待ったなしの状態です。ひとりひとりの教員の力量アップを図ることは急務です。本校も、多岐にわたる教育の課題に対して全教職員が同じベクトルで指導すべく日々努力しています。よろしくお願いします。
〇真の力(9月6日(水))
今日、行った一斉下校のことです。以前より学校の情報をもっと地域や保護者に知らせてほしいという要望がありました。今回、下校指導を行うにあたり、地域の町会長様に一斉下校を行う町内放送をお願いしました。するとすべての町会長が快くお引き受けいただきたいへんありがたく思いました。そして、迎えた本日。校区には多くの保護者や地域の人たちが子どもたちを見守ってくれました。これぞ、地域の力だと思いました。学校力、地域力は相互に高めあうものだとあらためて思いました。これからも学校の役割を果たすべく努力していきたいと思います。本当にありがとうございました。
〇命を守る(9月5日(火))
この表題は何回使ったことでしょう。それほど、大切な言葉だととらえています。今日は、大阪880万人訓練の一環として避難訓練を行いました。本校が、数年前から準備している防災ずきんを使っての訓練。訓練では一年に一回しか用いませんが、日ごろからすぐに使えるようにと教室で保管しています。今日の訓練は学校のみで完結するのではなく、いつやってくるかわからない災害への備えについて、各家庭で考えるきっかけにしてほしいと願っています。
〇みんなで食べる(9月4日(月))
今日から2学期の給食が始まりました。メニューは「カレーライス」と「フルーツミックス」です。教室で食べる給食は久しぶり。どの学年も上手に配膳していました。2学期のスタートの「きりりとした」子どもたちの姿に感心していましたが、今日の姿にまた感心しました。とても素敵なスタートをきることができました。この調子で子どもたち一緒に過ごしたと思います。よろしくお願いします。
〇スタート(9月1日(金)) 
始業式です。子どもたちの成長した姿に感動しました。体育館で行った始業式。何回か立ったり、座ったりしましたが、その時の態度が素晴らしかったです。また、話も静かに聞くことができ、いい緊張感の中で式を行うことができました。さて、私は「チャレンジ」することと「人の役に立つ」ことの話をしました。今学期はこの2点に焦点をあて取り組みたいと思います。そして、今朝は地域の民生委員の皆さまが門のところで挨拶運動をしていただきました。子どもと、地域、そして学校が「挨拶」を通してひとつになった時間でした。ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。